驚き!競走馬調教師の獲得賞金ランキング

競走馬の調教師はいったいどのくらいの賞金をもらっているのか?ランキング形式にしてみました。1位は池江泰寿でなんと15億9688.5万はなんと驚きですね!10位まで記載しましたのでご覧ください。

調教師賞金ランキング
1位 ■池江 泰寿
所属 降順獲得賞金
栗東 15億9688.5万
・生年月日:1969年1月13日
・初免許年:2003年
※池江 泰寿の概要
父は元調教師の池江泰郎、伯父に池江敏郎元厩務員がいる。同級生に武豊がおり、幼馴染みである[3]。騎手を志したが、身長が伸びたために騎手になるのを断念した

2位 ■堀宣行
所属 降順獲得賞金
美浦 12億4970万
・生年月日:1954年6月10日
・初免許年:1995年
※堀宣行の概要
2002年に調教師免許を取得し、2003年に厩舎を開業。
2010年の高松宮記念をキンシャサノキセキで勝利し、GI初制覇。
2011年度JRA賞最高勝率調教師を受賞する。

3位 ■藤原英昭
所属 降順獲得賞金
栗東 9億8397.1万
・生年月日:1967年11月9日
・初免許年:2002年
※藤原英昭の概要
同志社大学馬術部で活躍後、1989年9月から、栗東・星川薫厩舎所属の調教助手となる。
2000年2月に、調教師免許を取得する。
2001年3月1日付で星川薫厩舎を引き継ぐ形で厩舎を開業し、3月3日に阪神競馬場での第1レースで、2番人気だったインビジブルタッチが勝利し、初出走で初勝利を挙げる。5月4日には、京都新聞杯をテンザンセイザが制し、重賞初勝利を挙げる。10月10日、名古屋競馬場で行われた名古屋チャレンジカップミント賞にゼンノバッカスが出走したが、地方競馬初出走は最下位(12着)だった。

4位 ■音無秀孝
所属 降順獲得賞金
栗東 8億7991.2万
・生年月日:1967年11月9日
・初免許年:2002年
※音無秀孝の概要
所属馬一頭一頭の過去のデータが一目瞭然できるというソフト(自らが考案)を利用し、調教時計を始めとする詳細事項を自らの手でパソコンに入力、さらにそのデータは馬主にも届けるというマメな一面も持ち合わせている。

5位 ■矢作芳人
所属 降順獲得賞金
栗東 7億6652万
・生年月日:1961年3月20日
・初免許年:2002年
※矢作芳人の概要
「遊びが充実していないと仕事も充実しない」が持論で、「よく稼ぎ、よく遊べ」を厩舎のスローガンとしている。スタッフを遊ばせるために火曜日の午後を半休としている。芳人によると、スタッフにオンとオフを区別する意識を持たせることで、管理馬にもレースと調教、運動と休息といったオン・オフの意識を伝える狙いもあるという。

6位 ■角居勝彦
所属 降順獲得賞金
栗東 8億2133.4万
・生年月日:1964年3月28日
・初免許年:2002年
※角居勝彦の概要
1986年10月から栗東・中尾謙太郎厩舎で調教助手、1997年1月から栗東・松田国英厩舎で調教助手。2000年に調教師免許を取得。

7位 ■須貝尚介
所属 降順獲得賞金
栗東 8億2133.4万
・生年月日:1966年6月3日
・初免許年:2008年
※須貝尚介の概要
1985年、JRA競馬学校を第1期生として卒業して騎手免許を取得、父の須貝彦三厩舎からデビュー。同期には石橋守、柴田善臣らがいる。初騎乗は同年3月2日、阪神競馬第1競走のシンコキン、初勝利は翌3月3日、阪神競馬第7競走のハギノグッディーであった。デビュー年の成績は150戦14勝。

8位 ■安田隆行
所属 降順獲得賞金
栗東 7億2112.9万
・生年月日:1953年3月5日
・初免許年:1994年
※安田隆行の概要
1953年、京都市五条に生まれる。実家はとくに競馬との関わりがない家庭であったが、中学生のときに父と京都競馬場を訪れたことをきっかけに競馬にのめりこみ、騎手を志す[2]。中学校卒業後、京都競馬場の梶与三男厩舎に騎手候補生として入門。1972年に騎手免許を取得し、梶厩舎から正騎手としてデビューした。

9位 ■松永幹夫
所属 降順獲得賞金
栗東 6億9671.1万
・生年月日:1967年4月10日
・初免許年:2006年
※松永幹夫の概要
松永は引退までにGIを6勝したが、1996年のファビラスラフイン(秋華賞)以来、その全てが牝馬によるものだった。騎手時代に牝馬限定GIで未勝利の競走は、阪神ジュベナイルフィリーズのみである。このように牝馬限定重賞で活躍することが多いため「牝馬の松永(ミキオ)」と呼ばれることがあった。
2005年にはヘヴンリーロマンスに騎乗して天皇賞(秋)を制したが、これは松永自身、牝馬限定競走以外では唯一のJRAGI勝利である。この競走は中央競馬史上初めて天覧競馬として施行されたが、松永は優勝を決めたあと、メインスタンドの貴賓席で観戦していた天皇・皇后両陛下に向かい、馬上からヘルメットを脱いで敬礼をした。

10位 ■友道康夫
所属 降順獲得賞金
栗東 6億7720.5万
・生年月日:1963年8月11日
・初免許年:2001年
※友道康夫の概要
兵庫県赤穂市坂越の出身。小動物の獣医を目指し大阪府立大学の獣医学科に入学し、大学の馬術部に入部する。馬術部の活動の一環として競馬場へアルバイトへ行くことで競馬に携わるようになる。
1989年5月にJRA競馬学校厩務員課程に入学し、9月より栗東・浅見国一厩舎所属の厩務員となり、11月からは調教助手となる。

優良サイト一覧バナー



この記事のサイトは優良ですか?(★が多いければ優良) 
いまいち・・まずまずなかなか!いいね!とってもいい!! (1 投票, 評価平均値: 5.00)
Loading...
※5段階評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できますので厳選な評価をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ